腰痛改善マットレスの選び方

腰痛改善のマットレスの選び方

腰痛改善のマットレスの選び方

 

 

腰痛で悩んでいる人は多くいると思います。

 

腰痛の程度も原因も様々です。

 

しかし、原因がはっきりしている腰痛は約15%程度と言われています。

 

しかし、腰痛は、普段の姿勢の悪い状態が続くことが原因と言われています。

 

腰痛の原因の多くは、長期間、運送業など重い荷物を繰り返し運んだり、介護職などで要介護者の介護で、腰に大きな負担を繰り返しかけたり、勉強や事務職やSEなどのデスクワークなど、長時間同じ姿勢続けたり、悪い姿勢を続けることで、腰に負担がかかり、筋肉の疲労や緊張が蓄積されることが原因です。

 

仕事や勉強の合間に、ストレッチをしたりすることは、腰痛改善には効果的なのですが、仕事や勉強に戻れば、再び腰に負担をかけ続けるので、腰痛は改善されません。

 

根本的な解決策は、腰に負担をかけないことなのですが、「勉強をしなければならない」、「仕事をしなければならない」など簡単には腰に負担をかけないようにはできないのが現実です。

 

では、腰を休ませることはできなのでしょうか?

 

答えはできます。それは、寝ている間なのです。

 

人間は1日の約3分の1は寝ています。その時が腰を休ませるチャンスなのです。

 

寝ている間に効率よく腰を休ませることが重要になってきます。

 

寝ている間に腰を効率よく休ませるには、寝ている時の姿勢つまり寝姿勢が重要になります。

 

しかし、寝ている間は無意識なため、意識して正しい姿勢で寝ることはできません。

 

そこで、自然に寝ている間に正しい寝姿勢で、腰に負担がかからなく眠ることができる、マットレスが重要になってきます。

腰痛改善には高反発マットレスがよい

腰痛改善には、高反発マットレスがが注目されています。

 

腰痛改善に効果があるマットレスを選ぶには、寝ている間に、腰に負担が集中しないような、マットレスを選ぶ必要があります。

 

では、腰に負担が集中しないマットレスはどのようなマットレスなのでしょうか。

 

それは、高反発で体圧分散性に優れたマットレスです。

 

高反発の敷布団に腰痛軽減・改善の効果があるのは、寝返りを打つ時の体にかかる負担を軽減してくれるためです。

 

しかし、反発力は強ければ、強いほどよいというわけではありません。

 

敷布団で高反発の定義は、反発力(硬さ)の強さを表す、〇〇ニュートン(N)という単位で定義されています。
では、腰痛改善に最適な反発力(硬さ)はどのくらいなのでしょうか?

 

大体、100ニュートン(N)から200ニュートン(N)くらいが目安です。

 

しかし、最適な反発力は、個人差があり、男女の性別や、体重や筋肉の付き方などの体型体格などが関係します。

 

アスリートなど筋肉がありしっかりした体格の人は、硬めが最適ですし、筋肉が少なく小柄な方は柔らかめを選ぶとよいですが、好みもありますので、実際に試すことが重要になります。

 

腰痛改善の敷布団を選ぶ場合のポイントとして、最適な反発力を選ぶ他にも、敷布団の厚さ、体圧分散性も重要な要素となります。

 

敷布団が薄すぎると床にあたり腰痛改善になりません。

 

また、体圧分散性が低いと、腰や背中などの一点にの体圧が集中し、腰痛や背骨の歪みなどの原因になります。

 

以上が、腰痛改善に効果期待できるマットレス選びのポイントです。

 

参考にしてみてください。