腰痛改善モットンマットレスのメリットとデメリット

モットンのメリットデメリット

腰痛対策マットレス モットンとは、多くの人が悩んでいる、腰痛改善のマットレスです。

 

しかも、日本人の体型を徹底的に研究して、日本の気候も考慮して、開発されていますので、日本人にピッタリです。

 

いくら、日本人にピッタリに開発されていても、すべての日本人が使っても効果があるとは限りません。

 

そこで、雲のやすらぎプレミアムのメリットデメリットをまとめてみました。

モットンのメリット

 

日本人の体型を徹底的に研究して、日本の気候も考慮して、開発されていますので、日本人にピッタリ

 

・腰痛には自然な寝返りを打つことが効果的で、モットンは高反発で、自然な寝返りを打つことができ、腰痛改善に効果的です。

 

・体圧分散性に優れているため、腰への負担を可能な限り軽減し、寝ている間に、腰の筋肉を休める効果があります。

 

・8万回もの耐久試験をクリアしているので、通常のマットレスの寿命の約3倍の耐久性があります。

 

・通気性が良く、蒸れにく構造をしているため、快適な寝心地で眠ることができます。

 

・90日間返金保証がついているから安心
→寝具は試しみないと、「自分にあうか心配」、「一度試してみたい」という声にこたえて、90日間返金保証をつけています。

 

万が一、気に入らなかった場合は、返品可能ですので、安心して試せます。

 

モットンのメリットデメリット

 

 

日本人は、欧米人に比べ筋力が弱いと言われています。

 

特に小柄な人や、女性は筋力が弱いため、寝ている間にうつ寝返りに力が必要となるため、自然と体に余計な力が必要とするため、筋肉に緊張と疲労が蓄積されます。

 

この筋肉の緊張と疲労の蓄積が、腰痛の原因となります。

 

モットンはその点に注目し、筋力の弱い日本人(特に小柄な人や女性の人)でも、自然に寝返りを打つことができるように考え、反発力にこだわり、高反発のマットレスを開発しました。

 

今までの高反発マットレスと比べると、どれくらいの程度、自然な寝返りが打てるかというと、通常の高反発マットレスを使用した場合の、1回のエネルギー消費量を100とすると、モットンを使用した場合の、寝返りする際のエネルギー量は約80ですみます。

 

つまり、20%の少ない力で寝返りがうてるのです。

 

また、体圧分散性に優れており、寝ている間にかかる、首、背中、腰にかかる、体圧(負荷)を集中しないように分散させてくれ、首、背中、腰を休ませることができます。

 

体圧分散できないと、首、背中、腰への負担が集中してしまいます。

 

耐久性は、マットレス本来の性能を発揮するためには、非常に大事です。

 

その点、モットンは、8万回の耐久試験にも耐えるほどの耐久性があります。

 

このように、寝ている時に腰を休ませることができるため、腰痛改善に効果が期待できるのです。

 

また、「自分にあうか心配」、「一度試してみたい」という声にこたえて、90日間返金保証をつけています。

 

万が一、気に入らなかった場合は、返品可能ですので、安心して試せます。

モットンのデメリット

 

・丸洗いが出来ない

 

・通気性の高いウレタンフォームを使っているが、ウレタン素材のため、夏はすこし体が密着している部分は少し暑い
→ひんやりする敷パッドを使えば、快適になります。

 

・通気性が良いが、万年床にすると、カビが発生することがある

 

・使い始めの匂いが気になる
→開封したてのときは独特の匂いがすることありますが、陰干しするなどすれば、匂いはすぐに消えることが多いようです。

 

・返金保証制度が分かりづらい。
→公式サイトでは「商品受け取り日から90日間経過した後14日間以内に、保証書もしくは、商品発送後のメールに記載されている「返品依頼フォーム」に従って「本体・カバー・保証書」を当社指定倉庫までご送付」と明記があるので、そんなに難しいわけではありません。